高齢者用住宅改修

2009年6月14日 09:25 | コメント(0) | トラックバック(0)

介護が必要か必要でないか全く関係なしに、介護保険の中から1つの住宅について20万円まで住宅改修費用というのがもらえます。1割自己負担するだけで住宅の改修工事ができるというもので20万円までの工事なら工事を1回やっても、何回かに分けても最大で20万円までは使えるようになっているというものです。
さらに要介護認定だった人が、最初に支給された段階よりも3段階以上上がってしまったという場合や、引っ越しをした時には、また再度20万円支給してもらえるようになっている制度です。
高齢者を抱えて住んでいる人の場合には、家の改修工事が何かと必要になってくると思います。高齢者でも快適に暮らせるようにするために、リフォームを考えているならぜひ利用したい制度です。
どんなことに適応になるのかというと、バリアフリーに住宅を改修したり手すりをつけたり浴槽のリフォームなのです。そのほかにも、バリアフリーの設計事務所を紹介してもらえたり、工務店なども紹介してもらえますから利用するといいでしょう。
また介護保険の住宅改修を使いたいと思っている場合には、市のケアマネージャーなどと相談をしながら話を進めましょう。

 

 月経前症候群  AGA
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

高齢者用住宅の有料老人ホーム
高齢者用住宅の中には、有料老人ホームがあります。有料老人ホームと一言で言っても、いろいろな種類があります。
高齢者用住宅を選ぶポイント
もしもお金に余裕があるのなら介護付きの有料老人ホームや少しレベルの高い高齢者住宅を選んでサービスを受けると快適かもしれません。
高齢者用集合住宅
高齢者用住宅は色々とありますが、比較的安い料金で済むことができる高齢者用集合住宅はこれからニーズがどんどん高まると思われています。今後もっと増える可能性が高いのではないでしょうか。
高齢者向け優良賃貸住宅
高齢者が快適に住めるようにとバリアフリーになっていて緊急の時のサービスが使える賃貸住宅のことを高齢者向け優良賃貸住宅といっています。
高齢者用住宅改修
介護が必要か必要でないか全く関係なしに、介護保険の中から1つの住宅について20万円まで住宅改修費用というのがもらえます。
高齢者用円滑賃貸住宅
高齢者円滑入居賃貸住宅は、貸す人が都道府県に申請していますし、高齢者が住むのに快適な用に、手すりやバリアフリーが付けられている物件ばかりになっています。ですから高齢者が新しく物件を借りたいと思ったときにはすぐに探すことができる高齢者円滑入居賃貸住宅を探すのが一番ではないでしょうか。
高齢者用共同住宅
高齢者共同住宅のメリットとしてはやはり一人で住んでいる場合に感じてしまう高齢者の孤立感を感じなくて済みますし、精神的に安定するのではないでしょうか。
高齢者用住宅とリフォーム
高齢者用住宅にリフォームする場合にはきちんとリフォーム会社を選ぶ必要があります。介護保険の適応になるリフォームも中にはありますが、介護保険を使って高齢者用住宅にリフォームする際も、すべてが適応になるのかどうかをきちんと確認したうえでリフォームするようにした方がいいと思います。
高齢者用住宅とバリアフリー
バリアフリーの物件は増えているのですが、車いすでも家のなかを自由に移動可能にするために、部屋と部屋には段差をなくしているのがバリアフリーになっています。
高齢者用住宅の選び方
今は元気でも将来的に介護が必要になったという場合には介護専用の介護付きの有料老人ホームなどに入所するといいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/522

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する